沖縄県看護連盟 会長
福原 美恵子

猛暑の日々が続いておりますが、会員の皆様にはご清祥のことと、お喜び申し上げます。

日頃は看護連盟の活動にご理解ご協力、ご支援を賜りありがとうございます。

 去る7月10日の第26回参議院議員選挙におきましては「とものう りお」氏を国政の場に送り出すことが出来ました。これもひとえに会員皆様のお力添えの賜だと感謝申し上げます。

 「とものう りお」氏は看護職が安心して、長く働き続けられる職場環境、処遇改善等々をしっかり、やっていきますと選挙期間中は力強く訴えてきました。

コロナ禍で施設訪問が厳しい中でも、多くの会員の「現場の声」を聞き取り、また看護協会・看護連盟合同研修会には、講師として講演されました。

 私たちの目標は、看護協会の進める看護政策の実現です。看護連盟のスローガン「届けよう看護の声を!私たちの未来へ」、この声が今後の政策に反映する事を期待します。

看護の力で健康な社会を創り、看護の喜びが、看護の未来に輝くことをいのります。

「とものう りお」氏の議員誕生を心から祝し、看護職代表の4人の先生方のご活躍を期待します。